香港会社設立について

香港は税金を地域ベースで適用する世界の中でも数少ない行政区の一つです。多くの国々では、自国以外の商いで得た利益、つまり海外で得た資源に対しても課税をする一方、香港では、利益税は香港内における取引、職業、商売のみに課税しません。すなわち香港に所在する企業であっても、その利益自体が香港以外の場所から生じる利益の場合は、香港の行政府にそれらの利益に対して税金を払う必要はないということです。またキャピタルゲイン、配当金、受取利息についても非課税となっています。しかしながら、香港で生じる利益については16.5%の課税率が設定されています。 お問い合わせ 基準 必要条件 最低必要な株主数 1 最低必要な取締役(Director)の人数 1 最低必要な資本金 HK$1 株主と取締役の国籍と住所 制限無し 香港内での住所 必須 会社設立までの日数 1 から 5 営業日 秘密性 取締役および株主の名前、住所 などの会社情報は公開されます 税制上の優遇 香港内で生じた利益に対し16.5 % の税率が課せられます。香港外で得た所得に対しては非課税です 私たち 818HI は香港に拠点を置く、香港会社設立の専門家です 長年の経験から… read more →