香港会社設立について

香港は税金を地域ベースで適用する世界の中でも数少ない行政区の一つです。多くの国々では、自国以外の商いで得た利益、つまり海外で得た資源に対しても課税をする一方、香港では、利益税は香港内における取引、職業、商売のみに課税しません。すなわち香港に所在する企業であっても、その利益自体が香港以外の場所から生じる利益の場合は、香港の行政府にそれらの利益に対して税金を払う必要はないということです。またキャピタルゲイン、配当金、受取利息についても非課税となっています。しかしながら、香港で生じる利益については16.5%の課税率が設定されています。

お問い合わせ

基準 必要条件
最低必要な株主数 1
最低必要な取締役(Director)の人数 1
最低必要な資本金 HK$1
株主と取締役の国籍と住所 制限無し
香港内での住所 必須
会社設立までの日数 1 から 5 営業日
秘密性 取締役および株主の名前、住所 などの会社情報は公開されます
税制上の優遇 香港内で生じた利益に対し16.5 % の税率が課せられます。香港外で得た所得に対しては非課税です

私たち 818HI は香港に拠点を置く、香港会社設立の専門家です

長年の経験から 818HI は香港内において、世界中のお客様に、迅速で効力のある会社設立サービスを提供することに定評があります。私たち818HI は英語、フランス語、中国語、ロシア語、韓国語、そして日本語で言語の壁を越える橋渡しとなりサービスを提供致します。
価格設定

よくあるご質問 / FAQ

個人の外国人、もしくは、外国の会社は香港の会社を100%所有する株主になることができますか?

はい。香港居住(個人または会社)は香港現地で有限会社を設立し、その会社を100%所有する株主となることができます。

香港の会社設立までかかる日数はどれくらいですか?

通常、書類提出では、法人の証明書と株式による有限会社の登録証明書は書類提出から4営業日後に発行されます。一方、電子での提出では、非公開有限責任株式会社の証明書は通常一時間以内に発行されます

香港会社は香港に住む取締役を必要としますか?

いいえ、香港非居住者であっても、香港の有限会社の取締役として指名することができます。

唯一の取締役は会社秘書役も兼任することができますか?

いいえ、会社条例のSection 154(1B)において、明示的に唯一の取締役は秘書役になることはできないと禁止しています。それに付け加え、Section 154(4)では、非公開有限責任株式会社は、もし会社秘書役の唯一の取締役がその会社の唯一の取締役である場合は、会社秘書役を指名できないと示しています。

会社設立の為に香港へ行く必要はありますか?

いいえ。すべての申請は香港に来なくても手続きが可能です。

香港における取締役と株主に関する公的な情報は?

はい。会社の取締役と株主に関する情報はこちらでご確認いただけます。http://www.icris.cr.gov.hk/csci/

香港会社の登録における最低限の条件はなんですか?

香港ではほとんどの会社が非公開有限責任株式会社として設立されます。下記が香港での会社設立に必要な基本的な条件です
・いかなる個人、企業体でも香港会社を設立してよい
・最低一人の株主が必要であるが、香港の者、外国人でもよい。その株主は18歳以上でなければならない
・香港の者、もしくは、外国人の最低一人の取締役が必要である。その取締役は18歳以上でなければならない
・株主と取締役は同一でもよい
・最小限必要な株式資本はありません。最小限の発行済み/払込み済み資本金は通常1香港ドルの1株です
・香港の登録住所が必要です。(P.O. Boxは認められません)
・会社秘書役が必要です。その秘書役は個人である場合、通常は香港に居住していなければなりません。または、秘書役が法人の場合、そのオフィス、もしくはビジネスの所在が香港で登録されていなければなりません。唯一の株主と唯一の取締役は会社秘書役になることはできません

香港会社の取締役と株主になれる最低の年齢は何歳ですか?

株主と取締役は18歳以上である必要があります。

香港会社設立に、香港の人にパートナーになってもらう必要はありますか?

いいえ、香港会社設立には、香港の株主もしくは香港の取締役は必要ありません。しかし、会社の継続的な法令順守の為に会社秘書役のサービスは必要となります。通常、あなたの会社の秘書役は登録住所の代理者として役割を果たします。また彼らは、あなたの会社の年次の申告事を行い、必要に応じて名義人取締役及び株主サービスも提供します。

香港会社は外国人を従業員として雇うことができますか?

はい、香港会社は外国人を香港内で雇うことができます。その会社はそれぞれの従業員に対して雇用ビザを申請し、関係当局に承認される必要があります。

香港会社は監査された決算報告をする必要がありますか?

香港の会社設立の法律によると、香港で設立されている全ての会社は特別に免除されない限り、Inland Revenue Department of Hong Kongに、利益の納税申告を年次でしなければなりません。

香港会社はビジネスを始める前に、その為のライセンスを取得する必要がありますか?

いくつかのライセンスを必要とするビジネスは:
旅行代理店、飲食業(レストラン)、人材紹介会社、ファンドマネージャ、保険仲介業、弁護士、酒販売業者、貸し金融業、銀行業、保育所などが挙げられます。香港会社設立後にライセンスを申請することが可能となっております。

企業が取締役、株主になることは許可されていますか?

はい、取締役と株主は自然人でも法人でもなることができます。2014年から唯一の取締役のみが自然人となれるようになりました。

香港会社の支払い済み資本の条件はいくらですか?

最小限必要な株式資本はありません。最小限の発行済み/払込み済み資本金は通常1香港ドルの1株です。

香港会社の命名のガイドラインはなんですか?

– 会社登記の前に名前の承認が必要です
– 名前は以下のようであってはなりません:
– 会社登記所の “Index of Company Names” に存在する同じ、もしくは類似する名前
– 商標を侵害する名前
– 攻撃的もしくは、そうでないと公共の利益に反する名前
– 英語と中国語の文字/単語の組み合わせで作成される名前

どのような種類の香港の登録住所が香港での会社設立に必要とされますか?

どのような物理的な香港内の住所でも可能です。しかし、P.O. Boxは認められません。

香港会社の為に、誰が会社秘書役として役割を果たしてくれますか?

会社秘書役は、もし個人である場合、通常は香港に居住していなければなりません。または、秘書役が法人の場合、そのオフィス、もしくはビジネスの所在が香港で登録されていなければなりません。

資格のある秘書役会社は他の国から香港会社の秘書役として役割を果たすことはできますか?

いいえ、香港会社の秘書役会社のオフィス、ビジネスは香港で登録される必要があります。

どれだけの期間、香港会社の会計帳簿を保持する必要がありますか?

会社は会計年度の終わりから、最後に帳簿に記録された、または、帳簿に記録された事項、または、会計情報、利益、それらに関することについて7年間保持する必要があります。

香港会社設立の為に、どのような書類を送付する必要がありますか?

・パスポートのコピー

・居住住所証明の為の、公共料金請求書、ケーブルテレビ、電話の請求書、銀行取引明細書(3ヶ月以内に発行されたもの)

・提案する会社の情報、会社名、株主、取締役などが記載されている会社設立に必要な情報が記載された用紙

香港で銀行口座を開設するのにどれくらいの時間がかかりますか?

会社が登録された後に口座開設手続きを行うことができます。1日から10日程度で口座を開設することができます。

ご不明な点がございましたら下記 Email: [email protected] までご連絡下さい。

お問い合わせ